【外資系英語面接パーフェクトガイド】外国人に好まれる受け答えのコツを公開

外資系企業の面接の採用率を大幅にアップする方法

f:id:shimaronpapa:20180710170347p:plain

現在大手外資系企業に勤めているしまろんパパが、外資での英語面接の実情ご紹介!

社会人歴約20年のしまろんパパですが、そのほとんどを欧米系の企業で過ごしています。採用・不採用に関わらず面接経験はかなり多く、最近では面接する側の人になることも増えてきました。

日系から外資への転職を希望している人は、英語力だけじゃなく、面接の進め方や受け答えなど、全てが未知数で外資系の面接を受けること自体にハードルの高さを感じている人も多いかもしれません。

でも、外資系の面接はコツを覚えて、しっかりと準備さえしていれば大丈夫です。

外資系の面接で受かるためのポイントや、日系との面接の違いなどをまとめたので、外資系への転職を考えている方はぜひチェックしてみてください。

外資系の転職面接は回数が多い?

まずは、外資と日系の面接の違いについてチェックしていきましょう。

外資系は一次面接からボスが出てくる

日系企業の場合、一次面接は人事担当者と会う事が多いと思います。

そのため、一次面接では実務の話よりも「会社のカラーにあった人かどうか」をチェックするための一般的な質疑応答が行われます。

一方、外資は、ほとんどの場合、一次面接から自分の上司となる人との面接となり、いきなり実務の内容から入ります

ここであまりに知識がなかったり、質問に対する回答が上手くなかったりすると、一回目の面接で落ちてしまいます。

外資系はその場のノリで面接が進む

一次面接から上司との面談になるので、面接の回数も少ないのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらそんなことはありません。

外資系の面接は、日系のように面接の段取りがしっかりと決まっていません。

日系の転職面接は、面接で誰と会うか、どんな順番で何回くらい面接があるかはあらかじめ決まっていることが多いと思います。

ヘッドハンターを使う場合は、最初は誰と会って、それをクリアしたら、次は誰々で、の様に流れを教えてくれる場合があり、これは結構安心します。

一方、外資系の転職面接は、(ある意味では)大らかと言うか、相当テキトーです。 「最初に」会う人は決まってるのですが、そこで感触が良かったりすると、「ちょっと待ってて」とか言われて、突然チームメンバーを連れてきて、二次面接が始まる場合もあります。別日に突然設定されることもあります。

いきなり外国とコンファレンスを初めて、1 vs 複数面接 が始まる場合もあり、「今日は一人とだけって聞いてたのに、結局5人は話したな・・」なんて事も結構あります。

「携帯で話すのでもいいから、明日ちょっと電話していい?」と、急遽電話で面接が入る事もあり、この場合、NYやUS時間に合わせるので夜間の電話面接が設定されることもあります。

結果として、外資系の転職面接は、一体今自分がどこに居て、後何回面接が残ってるのかがわかりづらい!

1人と話すのを1回とカウントするなら、外資面接の方が圧倒的に多くなる事が多いと思います。 平均すると5~10人とは話すと思います。

期間は1か月ほどのことが多いと思いますが、終わりが見えづらいため、採用面接の期間が日系の転職面接よりも長く感じます。

入社してみると、「あれ、この人と面接で話したけど、業務に全然関係ないじゃん」なんてこともあるんですけどね。

日系の英語面接と外資の英語面接の違い

余談ですが、日系でも英語面接を行う場合があります。

普通の外国人(と言う言い方も変ですが)なら、外資でやる面接と同じなので問題ないのですが、一番困惑するのが日本人が敢えて英語で行う面接。 且つ、面接官の英語もそんなに上手くない場合。 これは意外に緊張します。

また、後述しますが、日本語面接と英語面接では、質問に対する答え方の順番が変わるので、どっちに合わせればいいかが良く分からなくなるんです。

以下では、外資系の英語面接の質問に対する答え方のポイントを紹介します。

【外資系英語面接対策】求められるのは英語力よりも〇〇

外資系での面接で、やはり一番気になるのは「英語がヘタだけどどうしよう」と言う事ではないでしょうか。

ウェブサイトを見ると「英語は下手でも大丈夫! 間違えを恐れず伝えてみよう!」なんて記事を見ますが、それは正直甘いと思います。 英語は上手いに越した事はないです。 そこは勘違いしてはいけない。

なので、出来る限り日々努力なり、準備をしておきましょう。

では、私も含め、英語がネイティブじゃない人は、面接の時に何に気を付ければいいのでしょうか。

外資の英語面談は結論を先に答える 

しまろんパパの経験では、ともかく、回答の順番・回答の仕方 が大事、と言う事です。

英語でメールや文章を書く時に、英語文化圏のメールは、まず結論が先に来て、必要があれば補足や経緯、Thank you。 これで終わりです

この順番は、面接でも重要になってきます。

仮に英語が上手くても、聞かれた事に対して経緯や背景を長々説明して、最後に結論を言ってしまうと、「一体何が言いたいんだ」となり肝心の結論部分の印象が残りません。

面接官は最初に結論がくると思って話を聞いています。まず結論を答えるようにクセづけましょう。

  1. 結論
    (In my opinion, I think we should do~ )
  2. 理由
    ( because ~~~)
  3. 経験に基づく裏付け・そう思った背景等の追加情報
    (I have encountered the similar experience before in and I believe the same thing should be able to apply.. など)

この順番は、面接官の心証を決める上でとても大事です。

日本語で、「~はどう思いますか?」と聞いて、いきなり、「僕は~だと思います。 理由としては~」 と答えるのもありだとは思いますが、起承転結と言う言葉がある通り、「~があって、~なので、~だと思います」と答えるのが一般的でしょう。

一方で、全員とは言いませんが、外国人は、そもそも「長く働きたくない」「さっさと自分の仕事を終わらせてビール飲みたい」と言う思考が常にある為、最後まで出てこない結論を聞いてる時間がもったいと感じます

まず結論を聞いて、納得したら経緯なんて聞かずに次の質問に移る事もあります。 納得してない場合は、何でそう思うかをさっさと聞きたいんです。

失敗を恐れるよりも伝えたいことを簡潔に伝える

一番最悪なのが、「英語で失敗したらどうしよう」「英語が下手と思われたりしたらどうしよう」など、全く不必要な所に気を遣って、文法的なミスを気にして言い直したり、その結果説明が長くなったりする事です。

文法や発音を気にしてもう一回言うなど、殆どの場合、相手は気付いていません。 「何で同じ事もう一回言ったの? 時間の無駄」と思われて終わりです。

また、言い間違えた時にI'm sorryやExcuse meをいちいち言ったり、言葉に詰まって You know や ah, Well とかが多い場合も嫌がられます

無駄は全て省きましょう

英語はいきなり面接では上手くなりません。 とにかく自信がなくても「恥かしい、間違えたらどうしよう」と言う態度は厳禁。

過度に自信を表現する必要はないですが、あくまで自然に「彼ら(外国人)が欲っしているであろう回答を、どう正確に、無駄なく伝えるか」を考えた方が、合格率は飛躍的に上がるはずです。

英語での面接対策の例文を覚えるよりも重要なこと 

あくまで個人的な意見ですが、「英語の面接が怖い、英語の面接で失敗したらどうしよう」などと不安を抱くのは仕方ないとしても、Googleさんにお願いして「英語 面接 質問」「英語 面接 回答例」とかで検索して準備するのは、あまり意味があるとは思えません。

例文等は沢山出てくると思うのですが、おそらくそのほとんどは実際には聞かれないからです。

そんな聞くか聞かれないか分からない事を勉強して、頭の中を自ら不安でいっぱいにするよりは、自分の履歴書を深く読み通して、自分の実務や経験に関しての情報を日本語でいいので整理しておいた方が絶対にいい

例えば、

  • 何を知っていて、どんな分野に強みがあるのか
  • 経験がまだ浅い分野
  • 今努力している分野
  • 今後の課題
  • これからのキャリアパス
  • 今まで経験した一番大きなプロジェクトとその成果
  • 今まで経験した一番大きな失敗→そこから何を学んだか
  • 自分の性格について、強み、弱み
  • 自分を雇ったらその会社にどんなメリットがあるか(自己アピール)
たまに「そんな事聞いて意味あるの?」って言うトリッキーな質問が来たりしますが、来たらその時はその時。
とにかく、普段はあまりやらない「自分を見つめ直す」事を徹底して、自分の事はしっかり説明出来る様にしておきましょう。
ただ、自己紹介や志望動機などは、日系も外資系も大体は聞かれるので、そこについては準備しておいた方がいいでしょう

英語での自己紹介のポイント

英語で面接を受ける方であれば、履歴書も英語版を用意されているので分かるとは思いますが、英語は現職から過去に遡る形でCVを作ります。

日本は、高校→大学→職歴1→ 職歴2と、過去から未来へ行きますが、英語の履歴書は逆です。 つまり、現在の会社→ひとつ前の会社→更にその前、と言う順番です。 面接の際も、この順番で話します。

外資での自己紹介例文

My name is Shimaron papa. Thank you for having me here today. I'm currently working for ABC company as a senior product manager and currently being involved with ~ project to expand our products to Europe, where we haven't been deeply engaged in so far. There are 15 people in the project team and the members are really multinational and multicultural so sometimes it's challenging to consolidate the opinions but on the other hand it always makes me feel that I'm growing when we could overcome the hardships.
私の名前はしまろんパパです。 今日はお時間を下さって有難うございます。 私は今ABC社でシニアプロダクトマネージャとして働いていて、自社が深く入り込んでいないヨーロッパにシェアを拡大するプロジェクトに携わっています。 現在のチームは15人おり、多国籍、多文化なので、意見をまとめる事に苦労もしますが、困難を克服した時の達成感はひとしおです。
I previously worked for DEF company before joining ABC and at that time I was....
それ以前、DEF社に所属しており~

個人的には、2回以上転職した経験がある方でも、(今の会社も含めて)2社までの紹介でいいと思います。

3社前となると、何年も前でしょうし、そんな昔の事は相手もあまり興味がないからです。

そもそも自己紹介から長すぎてしまいます。

そういう意味でも、比率としては

  • 名前、簡単な自己紹介 ← 1割
  • 今の会社で何をしてるか、どんな仕事に携わってきたか ← 8割
  • その前の会社での経歴、もしくはまとめや、やる気アピール ← 1割

こんな感じで、今の会社で何をしてるか、何を達成したかをメインに話しましょう。

面接官が聞きたいことを簡潔にこたえてください。

英語面接で必ず聞かれる逆質問におすすめの例文

まず間違いなく、面接で聞かれる質問は、「Any questions from you?」。
これは結構重要で、且つ、準備が可能なので、外資系の面接を受けるなら絶対に準備をしておきましょう。
個人的によく使う逆質問は、「俺はとにかくやる気があるんだ」とアピールする為に、
  • When is the earliest day that I can join?
    最短で入社出来る日はいつですか?
  • Assuming if I could join your firm, Is there anything I can do before joining that'd help me to get a good start?
    入社出来るとして、入社前に何か準備出来る事はありますか?
  • How often do you have a chance to get involved with the global project?
    (日本だけでない)世界的なプロジェクトにかかわる機会はどの程度ありますか?
  • How quick new joiners can usually be in charge of the product(project) manager?  新入社員は通常どの程度でプロダクト(プロジェクト)マネージャーになれますか?
など、基本的には、お金や休暇取得などの単純な質問よりは、「早く活躍したい」「どうやったら早く活躍出来るか」など、あくまで自分のアピールの場として、質問を使った方がいいと思います

外資系の英語面接は伝え方に工夫をすれば採用率がぐんと上がる!

我々は英語ネイティブではないので、言葉では苦労はしますが、ある意味では英語面接の方が楽だったりする時もあります。
変な圧迫面接をしたり、明らかに上から目線で態度が悪い人とか、(たまにいますが)そんな外国人はあんまりいません。
日本の様に「お客様は神様」みたいな感覚もない為、企業と顧客もある程度は同じ目線で話しますし、面接でも「俺が取ってやる。 俺がお前を査定してやる」みたいな上から目線な雰囲気は少ないです。
あくまで、「お互いWin-Winになれる関係かどうか」をお互いに確認しあっている感じです。
コツは、
  • 「英語が下手ですいません」と言う態度は見せない
  • 回答は結論は先に、補足は後に
  • 文法、発音は気にせず、「ともかく伝える」事を重視する
これさえ出来れば、外資系への採用にかなり近づけると思います。
ランキングに参加しています!応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村